動作が確認できた機種

ディスクシュレッダー7は「動作条件」を満した機種で動作します。
2022月5月現在、以下の機種で動作を確認しています。今後もディスクシュレッダーシリーズのユーザー様からのご報告も含めて、動作確認情報を追加していきます。

ディスクシュレッダー6の動作確認情報は「ディスクシュレッダー6の動作が確認できた機種」をご覧ください。

Windowsパソコン
Windowsタブレット
Intel Mac

チェック
     ディスクシュレッダー6で動作しないとのご報告があった機種ですが、
     ディスクシュレッダー7で動作が可能になりました。
HDD
     上書き消去にてHDDをデータ消去した機種です。
SSD
     セキュア消去(Secure Erase)にてSSDをデータ消去した機種です。
SSD-Z
     サニタイズ消去(Sanitize)にてSSDをデータ消去した機種です。
eMMC
     セキュア消去(Secure Erase)にてeMMCをデータ消去した機種です。

ディスクシュレッダー7が動作したWindowsパソコン


ASUS

  • Veriton X4620G HDD NEW

DELL

  • G15
  • Inspiron 11 3195 eMMC
  • Latitude 3500 (*14) NEW
  • Latitude 3580 NEW
  • Latitude 5300
  • Latitude 5320 SSD SSD-Z
  • Latitude 5510 (*9)
  • Latitude 7300 チェック NEW

  • Latitude E5500 HDD
  • Latitude E6230 HDD NEW
  • OptiPlex 3050 Micro
  • OptiPlex 3070
  • OptiPlex 3080
  • Optiplex 5090 チェック
  • Vostro 3360 HDD NEW
  • Vostro 3580 NEW

Dynabook

  • dynabook B35/W
  • dynabook B55/HS (*3) チェック
  • dynabook B55/M
  • dynabook B65/M NEW
  • dynabook BJ65/FS チェック

  • dynabook G83/FP チェック SSD SSD-Z
  • dynabook G83/HR (*3) チェック SSD
  • dynabook G83/HS (*3) チェック SSD
  • dynabook S73/FS (*3) チェック
  • dynabook S73/HS (*1)(*3) SSD SSD-Z


EPSON

  • Endeavor AT10 SSD NEW
  • Endeavor NJ4400E チェック

FUJITSU

  • ESPRIMO D588/C NEW
  • FMV-R8280 FMVNR9P2C HDD
  • LIFEBOOK A576/R (*13) SSD NEW
  • LIFEBOOK A579/B
  • LIFEBOOK U7311/F チェック


  • LIFEBOOK U9310/D チェック SSD
  • LIFEBOOK U9311/F チェック SSD
  • LIFEBOOK U938/S
  • LIFEBOOK U939/B


HP

  • 250 G7 Notebook PC
  • Compaq nx6120 HDD
  • Elite Dragonfly NEW
  • EliteBook 830 G7 SSD NEW
  • EliteDesk 800 G3 Mini SSD NEW

  • ProBook 450 G8/CT (*3) チェック
  • ProBook 650 G5 HDD SSD
  • ProBook 6560b (*13)
  • ProDesk 600 G3 SFF
  • Z8 G4 Workstation (*15) NEW

Lenovo

  • ThinkPad L13 Gen2 (*1)(*3)(*9) SSD
  • ThinkPad L15 Gen2 チェック
  • ThinkPad L570 HDD NEW
  • ThinkPad L580 (*9)
  • ThinkPad X1 Carbon G9

Microsoft

  • Surface Laptop 3(*5)(*6) チェック SSD SSD-Z
  • Surface Laptop 4(*5)(*6) SSD SSD-Z

Mouse

  • MousePro-NB520H SSD SSD-Z

NEC

  • VersaPro タイプVD<PC-VK26HDAGG3GUSCD> SSD
  • VersaPro タイプVF<PC-VRT16FBGS3J9> SSD
  • VersaPro タイプVX<VK26T/X-M> SSD
  • VersaPro UltraLite タイプVB(PC-VK27MBZCG) SSD

Panasonic

  • Let's note CF-LV9RDAVS (*8)(*9) NEW
  • Let's note CF-LX6 (*9)
  • Let's note CF-SV1 (*1)(*4)(*9) チェック
  • Let's note CF-SV8RFCVS (*9) NEW
  • Let's note CF-SV9RDLVS (*8) NEW
  • Let's note CF-SZ5PDFVS SSD NEW

VAIO

  • Pro PJ VJPG11C11N (*9) NEW
  • Pro PJ VJPJ211KAE1B (*9) NEW

ディスクシュレッダー7が動作したWindowsタブレット

  • FUJITSU ARROWS Tab Q506/MB (*2) eMMC
  • HP x2 210 G2 チェック eMMC
  • Microsoft Surface Go(Model:1825) (*10)(*11) SSD
  • Microsoft Surface Go 2 (*10)(*11) SSD SSD-Z
  • Microsoft Surface Pro 7(PVR-00028) チェック
  • Microsoft Surface Pro 7+ (*5)(*11) チェック SSD

ディスクシュレッダー7が動作したIntel Mac

  • iMac 20-inch Early 2009 NEW
  • iMac 21インチ Ci5 (*7) HDD SSD
  • MacBookPro Ci7 (*12)
  • Mac mini(Late 2009) HDD


(*1)
  ディスクシュレッダー7の動作のために必要な設定を行うSetupを起動するには、Windows 10の設定で[高速スタートアップを有効にする]のチェックを外す必要があります。
(*2)
  データ消去を始める前に、BIOSセットアップメニューで、セキュアブート機能を[使用する]から[使用しない]に変更してください。
(*3)
  データ消去を始める前に、Setup の[Security]タブの[Secure Boot]の下の[Secure Boot]をOffやDisabledにします。
(*4)
  データ消去を始める前に、Setup の[セキュリティ]タブの[セキュアブート]の下の[セキュアブート制御]を無効にします。
(*5)
  データ消去を始める前に、Surface UEFIの「Security」タブの 「Secure Boot」を[None]に設定してください。詳細については 「Microsoft Surface シリーズでのデータ消去」をご覧ください。
(*6)
  本体のキーボード、タッチパッド、タッチパネルは操作できないため、USBマウス等を用意してください。またデータ消去ログを保存する場合は、USBハブを使って保存用のUSBメモリを接続してください。
(*7)
  本体のマウスは操作できないため、キーボードで操作するか、まはたUSBマウス等を用意してください。
(*8)
データ消去を始める前に、セットアップユーティリティでセキュアブートを[無効]に設定し、終了時に起動するデバイスとして、ディスクシュレッダー7のメディアをセットしたデバイスを指定してください。
(*9)
  上書き消去方式で動作が確認できました。なおセキュア消去/サニタイズ消去では動作不可との報告があります。
(*10)
  データ消去を始める前に「Surface UEFI」で、[Secure Boot]を[Disabled]に、[Enable TPM]を[Disabled]にに設定してください。詳細については 「Microsoft Surface シリーズでのデータ消去」をご覧ください。
(*11)
  ディスクシュレッダー7の操作にアクセサリのSurface Dock 2やタイプカバーが必要です。
(*12)
  本体のキーボード、タッチパネルは操作できないため、USBマウスやUSBキーボード等を用意してください。
(*13)
  DVD-ROM版で動作が確認できました。なおUSBメモリ版では動作不可との報告があります。
(*14)
  データ消去を始める前に、BIOS Setupまたはセットアップユーティリティで、[System Configuration(システム設定)]→[SATA Operation]をデフォルトの【RAID On】から【AHCI】に変更してください。
(*15)
  UEFIモードの起動で動作が確認できました。なおBIOSモードの起動ではキーボードやマウスが使用不可との報告があります。