動作が確認できた機種

ディスクシュレッダー6は「動作条件」を満した機種で動作します。
2018年5月現在、以下の機種で動作を確認しています。今後もディスクシュレッダーシリーズのユーザー様からのご報告も含めて、動作確認情報を追加していきます。

チェック
     ディスクシュレッダー5(通常版)のユーザー様から動作しないというご報告があった
     機種ですが、ディスクシュレッダー6で動作が可能になりました。
SSD
     セキュア消去(Secure Erase)にてデータ消去したSSD搭載機種です。
     (セキュア消去の詳細はSSD対応をご覧ください)

ディスクシュレッダー6が動作したWindowsパソコン

  • DELL Latitude 5580 チェック SSD
  • DELL Latitude E5500
  • DELL Latitude E5540 チェック
  • DELL OptiPlex 5040 チェック
  • DELL OptiPlex 7050 SSD
  • DELL Vostro 3560
  • HP Compaq 8000 Elite US/DT
  • HP Compaq Pro 6300 SFF チェック
  • HP Compaq nx6120
  • HP EliteBook 2170p
  • HP EliteBook 820 G3 Notebook PC
  • HP EliteDesk 800 G1 USDT
  • HP ProOne 600 G2 チェック
  • HP ProOne 600 G3 (*1)
  • Lenovo ThinkPad L440 NEW
  • Lenovo ThinkPad L540 チェック NEW
  • Lenovo ThinkPad X201i
  • NEC VersaPro UltraLite タイプVB(PC-VK23T/B) (*2)
  • NEC VersaPro UltraLite タイプVX(PC-VK23T/X) (*2)
  • NEC VersaPro VX-T チェック
  • Panasonic Let's note CF-NX3YD5CS チェック NEW
  • Panasonic Let's note CF-NX4HDNCS チェック
  • Panasonic Let's note CF-SZ6SFUVS (*3) SSD
  • Panasonic Let's note CF-R7
  • Panasonic Let's note CF-RZ6RFRVS (*3) SSD
  • TOSHIBA dynabook B55/D NEW
  • TOSHIBA dynabook R73 チェック
  • TOSHIBA dynabook Satellite B552/F NEW
(*1)
まれにディスクシュレッダー6の画面が乱れる場合もありますが、消去作業には支障はありません。
(*2)
データ消去を始める前に、BIOSセットアップユーティリティでSecure Bootを【Disabled】に設定してください。
(*3)
データ消去を始める前に、セットアップユーティリティでセキュアブートを[無効]に設定し、終了時に起動するデバイスとして、ディスクシュレッダー6のメディアをセットしたデバイスを指定してください。詳細については 「Panasonic Let's note CF-SZ6/CF-RZ6での操作例」をご覧ください。

ディスクシュレッダー6が動作したWindowsタブレット

  • Microsoft Surface Pro 3
  • Microsoft Surface Pro 4 (*4)(*5) SSD
  • Microsoft Surface Pro(2017) (*4)(*5) SSD
(*4)
データ消去を始める前に、Secure Bootの設定を[Microsoft only]から[None]に変更してください。詳細については 「Microsoft Surface Proでの操作例」をご覧ください。
(*5)
ディスクシュレッダー6の操作にアクセサリのタイプカバーが必要です。

ディスクシュレッダー6が動作したIntel Mac

  • Apple MacBook Air(Early 2015) SSD
  • Apple Mac mini(Late 2009)