消去時間

HDD(データ上書き消去方式)

  • 消去時間は、書きこみ回数やパソコンのハードウェア性能やハードディスクの接続形態に依存して大きく変化します。この例は、あくまで目安としてお考えください。
  • ハードディスクにハードウェア的障害(不良セクタ等)が多い場合、本表より多くの時間がかかったり、消去動作前に表示される消去所要時間の見積り精度が落ちたりする場合があります。
  • 1台のPCにハードディスクが複数台接続されている場合は、複数台を同時に完全削除可能です。
消去時間 (乱数1回) <参考>
ディスク容量
接続タイプ
500GB/SATA 2TB/SATA 3TB/SATA
消去時間 1時間15分
9.0秒/1GB
4時間12分
7.6秒/1GB
5時間57分
7.1秒/1GB

SSD(セキュア消去方式)

  • セキュア消去(Secure Erase)は、Serial ATA接続のSSDまたはAHCIベースのPCI Express接続のSSDが備えている消去機能です。対象ディスクにSecurity Erase Unitコマンドを送ることにより、ディスク内部の処理のみで消去処理が実行され、データを完全消去します。「ディスクシュレッダー6」ではセキュア消去をSSDの消去に使用しています。(詳細はSSD対応をご覧ください)
  • セキュア消去方式では、SSD本体の持つ消去機能を利用するため、ハードディスクにデータを上書きする方法と比較して、短時間でデータ消去が終了します。セキュア消去自体の処理時間は一般に2分以下などの短い時間になります。
  • 「ディスクシュレッダー6」はセキュア消去後に、正常にデータ消去が行われたかを確認する機能があります。消去確認ではSSD全体のデータを読み出すため、容量に依存した時間がかかります。(詳細はSSDの消去をご覧ください)
  • 1台のPCにSSDが複数台接続されている場合は、複数台を同時に完全消去可能です。