消去方式

ディスクシュレッダー6の消去方式

消去方式 書込回数 書込/検証パターン ディスクシュレッダー6
スタンダード スーパー ライト
乱数1回 1 乱数1回
乱数2~5回 2~5 乱数2~5回 ×
乱数6~9回 6~9 乱数6~9回 × ×
NSA推奨方式 3 乱数2回→ゼロ ×
米陸軍準拠方式
(AR380-19)
3 乱数→固定値1→固定値2 × ×
米海軍準拠方式
(NAVSO P-5239-26)
3 固定値1→…→固定値3→検証 × ×
米空軍準拠方式
(AFSSI5020, AFI33-202)
7 固定値1→…→固定値7→検証 × ×
米国防総省準拠方式
(DoD5220.22-M)
3 固定値1→固定値2→乱数→検証 ×
米国防総省準拠方式
(DoD5220.22-M ECE)
7 固定値1→固定値2→乱数→乱数→固定値1→固定値2→乱数→検証 × ×
NCSC準拠方式
(NCSC-TG-025)
3 固定値1→…→固定値3 × ×
NCSC準拠方式×2回
(NCSC-TG-025)
6 固定値1→…→固定値6 × ×
グートマン推奨方式 35 乱数4回→固定値1→…→固定値27→乱数4回 × ×
セキュア消去+消去確認 - 対象ディスクのSecurity Erase Unitコマンド→読出確認
セキュア消去のみ - 対象ディスクのSecurity Erase Unitコマンド
  • SSDを搭載した機種では、自動的に「セキュア消去+消去確認」が選ばれます。他の消去方式を選ぶ場合は、実行時に指定してください。
  • セキュア消去(Secure Erase)は、Serial ATA接続のSSDまたはAHCIベースのPCI Express接続のSSDが備えている消去機能です。対象ディスクにSecurity Erase Unitコマンドを送ることにより、ディスク内部の処理のみで消去処理が実行され、データを完全消去します。「ディスクシュレッダー6」ではセキュア消去をSSDの消去に使用しています。(詳細はSSD対応をご覧ください)
  • HDDを搭載した機種では、「ディスクシュレッダー6・スタンダード」はNSA推奨方式および米国防総省準拠方式(DoD5220.22-M)、乱数1~5回から、「ディスクシュレッダー6・スーパー」は上記のすべての消去方式の中から、実行時に指定します。
  • 「ディスクシュレッダー6・ライト」は、HDDを搭載した機種では消去方式が1つに固定されています。標準の消去方式は「乱数1回」です。10本以上一括してご注文いただいた場合には、他の消去方式もお選びいただけます。(詳細は消去方式変更サービスをご覧ください)
  • 「検証」は、書き込みの後に値が正しく書きこまれたかどうかを調べる作業です。
  • NSA : The National Security Agency  米国家安全保障局
  • NCSC: The National Computer Security Center ( 米国家コンピュータセキュリティセンター )
  • グートマン推奨方式は、グートマン(Gutmann)が1996年に発表した論文で提唱した消去方式です。RLL(Run Length Limited)やMFM(Modified FM)といった磁気媒体上のデータエンコーディング方式(フォーマッティング方式)を分析し、データの痕跡が最も残りにくい上書きデータを理論的に算出している点に特徴があります。