動作条件

ディスクシュレッダー6は以下の「動作条件」を満たした機種で動作します。現在、次の機種で動作を確認しています。

動作が確認できた機種

なお「動作条件」を満たしていても、ディスクシュレッダー6で消去できない場合や、消去作業ログが保存できない場合があります。
お手元のパソコンでディスクシュレッダー6が動作するかどうかを確認できるプログラムをご用意していますので、ご利用ください。

「ディスクシュレッダー6・動作確認プログラム」

ディスクシュレッダー6の動作する機種(*1)(*2)(*3)

  • Windowsパソコン(*4)
  • Windowsタブレット(Surface Pro3/Pro4/Pro(2017)など)
  • Intel Mac(iMac、MacBookなど)
ファームウェア BIOS、BIOS/UEFI互換、UEFI32bit、UEFI64bitの何れかを搭載
CPU Intel PentiumPro以降の32/64bitのIntel CPU
(AMD Athlon以降の互換CPUを含む)
メモリ512MB以上
入力機器 キーボードまたはマウス、タッチパッド、タッチパネルなどの
ポインティングデバイス(*5)(*6)
画面解像度XGA(1024x768ドット)以上
USB システム起動に対応したUSBポート(3.0/2.0/1.1)
ドライブ システム起動に対応したDVDドライブ(内蔵またはUSB接続) (*7)
(*1)
PC-9800シリーズ、FM-Rシリーズ、Android/iOSタブレット等には対応しておりません。
(*2)
特殊な周辺機器が接続されている場合や、BIOS等の設定が特殊な場合には、正常に動作しない場合があります。また起動あるいはデータ消去のために、BIOS等の設定変更を要する場合があります。詳細については下記のサポート資料をご覧ください。
UEFIファームウェアの設定
BIOSの設定
Microsoft Surface Proでの操作例
(*3)
ディスクシュレッダー6の動作には、消去対象機種のハードウェア仕様に依存性があり、すべての機種での動作を保証しているわけではありませんのでご注意ください。
(*4)
目安としては2005年以降に発売されたWindowsパソコン(Windows XPの後期です)から対象となりますが、一部のWindows XP搭載パソコンでは動作しない機種もあります。詳細については「Windowsのバージョンとディスクシュレッダー・シリーズの対応状況」をご覧ください。なお、ディスクシュレッダー6の動作時には、パソコンに搭載されているOSは無関係です。
(*5)
一部の機種を除き、キーボードのみ、あるいはポインティングデバイスのみでも操作できます。
(*6)
Surface Pro4、Pro(2017)では操作にアクセサリのタイプカバーが必要です。
(*7)
SCSIやIEEE1394(i.LINK)接続のDVDドライブには対応しておりません。

消去対象ディスク

  • SATA接続およびIDE接続のハードディスク
  • SATA接続およびNVMe接続のSSD
  • USB接続のハードディスク
2TBを超える容量を持つディスクにも対応しています。
区画(パーティション)の設定やファイル形式は問いません。データを完全削除します。
インストールされているOS(Windows、Linuxなど)の種別は問いません。OSがインストールされていなくてもかまいません。ディスク全体を完全消去します。
SCSIや特殊IDEアダプタ接続には対応しておりません。
RAIDには対応しておりません。
USBメモリ等は消去対象となりません。