消去方式

サーバーディスクシュレッダーの消去方式
消去方式 書込回数 書込/検証パターン
乱数1~9回 1~9 乱数1~9回
NSA推奨方式 3 乱数2回→ゼロ
米陸軍準拠方式
(AR380-19)
3 乱数→固定値1→固定値2
米海軍準拠方式
(NAVSO P-5239-26)
3 固定値1→…→固定値3→検証
米空軍準拠方式
(AFSSI5020, AFI33-202)
7 固定値1→…→固定値7→検証
米国防総省準拠方式
(DoD5220.22-M)
3 固定値1→固定値2→乱数→検証
NCSC準拠方式
(NCSC-TG-025)
3 固定値1→…→固定値3
NCSC準拠方式×2回
(NCSC-TG-025)
6 固定値1→…→固定値6
グートマン推奨方式 35 乱数4回→固定値1→…→固定値27→乱数4回
ゼロ書き込み方式 1 ゼロ1回
  • 「無期限版」と「3ヶ月版」で消去方式に違いはありません。
  • 「検証」は、書き込みの後に値が正しく書きこまれたかどうかを調べる作業です。
  • NSA : The National Security Agency ( 米国家安全保障局 )
  • NCSC: The National Computer Security Center ( 米国家コンピュータセキュリティセンター )
  • グートマン推奨方式は、グートマン(Gutmann)が1996年に発表した論文で提唱した消去方式です。RLL(Run Length Limited)やMFM(Modified FM)といった磁気媒体上のデータエンコーディング方式(フォーマッティング方式)を分析し、データの痕跡が最も残りにくい上書きデータを理論的に算出している点に特徴があります。