動作条件

「動作条件」を満たしていても、サーバーディスクシュレッダーで消去できない場合や、消去作業ログが保存できない場合があります。

お手元のサーバーでサーバーディスクシュレッダーが動作するかどうかを確認できるプログラムをご用意しています。製品版を購入いただく前に動作確認プログラムを利用して動作できるかご確認いただくことをお奨めします。

「サーバーディスクシュレッダー・動作確認プログラム」

動作するサーバー

アーキテクチャ x86-64アーキテクチャ(x64アーキテクチャ)の
PCサーバー(※1)(※2)
CPU 64bitのIntel Xeon、Core i、Core 2、Core、Pentium、
AMD Opteronプロセッサ(互換CPU含む)
メモリ512Mバイト以上
画面VGA(640×480ドット)仕様以上のグラフィック機能
ドライブ システム起動に対応したCD-ROMドライブ(内蔵またはUSB接続)(※3)
入力機器 マウス、タッチパネル、キーボード(キーボードのみで操作可能)
(*1)
RISCプロセッサやIA-64プロセッサ(SPARC、Itaniumなど)を搭載したサーバーマシンには対応しておりません。なお、標準製品では32ビットCPUを搭載したx86アーキテクチャ(IA-32)のPCサーバーには対応しておりませんが、カスタム版による対応は可能ですので、お問合せください。
(*2)
サーバーディスクシュレッダーの動作には、サーバーのBIOSやブート方式、チップセット(ディスクや周辺機器のコントローラ)、RAIDコントローラの種類などへの依存性があり、すべての機種での動作を保証しているわけではありませんのでご注意ください。
(*3)
SCSIやIEEE1394(i.LINK)接続のCD-ROMドライブには対応しておりません。

消去対象ディスク

接続タイプIDE/ATA、SATA接続のHDD
コントローラRAID接続のHDD(SAS、SATAなど)(※4)
台数制限なし
その他区画(パーティション)、ファイル形式、内蔵OSは任意
(*4)
RAIDコントローラによっては、データ消去対象のディスクとして認識できない場合があります。

消去作業ログ保存用記憶装置

接続タイプUSB
機器USBメモリ、USB接続のSD/CFカードリーダなど